柳楽優弥はバイト生まれ変わった?ドラマで客引き!演技力は?

柳楽優弥さんは映画『誰も知らない』で
(2004年)

日本人初史上最年少(14歳)でカンヌ主演男優賞を受賞!

さらに文化関係者文部科学大臣表彰を授与!

また「TIME」誌アジア版で

「20人のアジアの英雄」にも選出されました

ところがフォローの風は長く続かず

2008年に安定剤の服用から入院する騒ぎも起すなど

低迷期に突入!

そこから復活した大変な人生経験があります
 
 
柳楽優弥 1
 
 

復活のきっかけとなった「バイト」

現在の超活躍ぶりをまとめてみたいと思います

柳楽 優弥のプロフィール

名前:柳楽 優弥(やぎら ゆうや)

生年月日:1990年3月26日

出生地: 東京都東大和市

身長: 170㎝

柳楽優弥が19歳で結婚!

柳楽さんは

堀越高校時代に一目見た瞬間に恋したという

女優の豊田エリーさんと

2010年1月14日に入籍し1月15日明治神宮にて挙式

2010年10月には娘さんが誕生しました!
 
 
豊田エリー
 
 
柳楽優弥はバイト生まれ変わったて本当?
 
 
柳楽優弥のバイトのきっかけとは?

柳楽さんは過去の華々しい経歴ですっかり天狗になり

気に入らない仕事を断ったり

『やる意味がない』とはねつけたりと

ぶん殴られても仕方がないほどほどタチが悪く

周りに大変な迷惑をかけていたそうです

そして人が寄り付かなくなり

仕事がほとんど来なくなり

挙句は人間不信

引退も考えていたそうです!

それで妻子を養うためバイトを決意したのでした

柳楽さん本人の話なのでぐっと迫るものがありますね

娘さんが誕生した2010年10月からバイトを始めます

華やかな結婚式後わずか10ケ月足らずでした
 
 
柳楽優弥 2
 
 
柳楽優弥はどんなバイトをしていたの?

人に頼らず自分で新聞のチラシやネットで

バイト先を探していたようです

最初は車のディーラーで洗車!

なんと3500台もの車の洗車を経験!

時給は1000円

面接をしたディーラーの先輩は最初

有名な俳優なので

「冗談だろう」と思ったそうです

ところが柳楽さんは長時間の作業にも

嫌な顔もせず働き同僚とも信頼関係を築きました!

ディーラーの先輩とは今でも家族全員で

お付き合いしているほど仲がいいらしいですよ

柳楽さんの人柄がくっきりと見えるエピソードですね!

次は居酒屋でのバイトに挑戦!

柳楽さんは表参道の居酒屋で昼も夜も働いていました

酔った客が柳楽さんの胸のネームプレート気づき

「柳楽優弥ならサインしてよ~」と

絡まれることがあったそうです

柳楽さんはこの経験を

「悔しかった」けれど「あり難かった」と振り返っています

その悔しさで「俳優再挑戦」の気持ちが爆発したからです

居酒屋で本名の「柳楽優弥」を堂々と名乗った柳楽さんの勇気は

頭が下がる思いがしますね

柳楽優弥はバイトの経験で生まれ変わった!

「人に頭を下げることも知らない人間」から

バイトのお陰で

「社会の常識や知識を身に着けることが出来た」

「やりたくないことをやる」

「決めたことは絶対やる」

「人のせいにしない」

と言う人間に生まれ変われることができたそうです

小説のテーマになりそうなお話ですね!
 
 
柳楽優弥 3
 
 
ドラマで客引きとは何なの?

 
 
4月のドラマ「ゆとりですがなにか」
(日本テレビ系 夜10.30~11.25)

この番組でアラサー男子3人の内の一人

「道上まりぶ」役で柳楽さんが出演します

東大を目指すも11浪中で所帯持ち

繁華街でのバイトの「客引き」で暮らす

崖っぷちに立つ半端な人物を演じます

「客引き」で「おっぱい」と話すセリフがあるので

どんな種類の「客引き」か想像するだけで愉快ですね

共演者からは「柳楽君が一番役柄に近い」と言われており

柳楽さんのバイトの実体験を思う存分活かせる役柄なのでは?

宮藤官九郎さんの脚本なので

「結末」は出演者でも全く分からないドラマだそうです

柳楽優弥の演技力は?
 
 
柳楽さんは

2010年1月の映画『すべては海になる』で主演に抜擢

俳優への復帰を果たしました

演技は今どう評価されているか?

少しまとめてみました

ドラマ「アオイホノオ」
(2014年7月18日 – 9月26日、テレビ東京)

主演・焔モユル 役 では

「役によってガラリと印象が変わって見える演技力の高さ」

絶賛されました(出典 オリコンスタイル)

ドラマ「信長協奏曲 第1話」
(2014年10月13日、フジテレビ)

織田信行 役 では

「目力と、圧倒的な演技力」

「役が乗り移ってる」

と激評!(出典 NAVERまとめ)

朝ドラ「まれ」
(2015年5月 NHK)

池畑大輔 役 では

目力とオーラで演技派として復活(シネマカフェネット)
七変化する俳優に成長(出典 Yahoo!ニュース)

と成長を認め

映画クローズEXPLODE
(2014年4月12日、東宝)

強羅徹 役 では

存在感がズバ抜けてる(出典 LAUGHY)

と存在感を高く評価されました

以上は柳楽さんの演技評価のほんの一部

調べてみると柳楽さんほど安定した評価を

受けている人は少ないようですね

復帰後の活躍は目をみはるものがあります!

まとめ

柳楽優弥さんの挫折(?)後の

バイトがどれだけご本人の性格や生きざまに

どれだけ影響を与えたのか?

ドラマ「ゆとりですがなにか」の客引き役

復活後の演技力評価などについてお話しました

柳楽優弥さんは超大物俳優への予感のようなものがあります

これからの活躍に注目しています

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ