任意保険に入ってないリスク!おすすめの最低限とは?安くするためには?

任意保険とは自動車保険のことです

自動車保険には自賠責保険と任意保険がありますが

良くわからないという人がたくさんおられます

保険は自動車保険に限らず

専門用語が多くて分かりにくいですね!

事故の発生

そこで

初めて車を購入し

保険に入ろうと思っている方や

今加入している自動車保険を

見直したいと思っている人に

できる限り分かりやすく具体的に

自動車保険を

お話します

保険はリスクつまり

あなたに起きる危険や損害を

出来るだけ少なくするためのものなので

必要最低限の保険のことや

保険を安くするための方法なども

お話ししたいと思います

任意保険に入ってないリスク!とは何?

【大きなリスクの話をしますが

あくまでも「万が一」という意味ですので

気になさらないで読んでください】

相手方のケガに関係するリスク

人身事故

具体例 A(フィクションです)

《あなたが車の運転中

赤信号を見落として

青信号で横断中の歩行者をはね

大ケガをさせた場合で

歩行者は25歳のサラリーマン

ケガは意識不明で改善の見込みなし》

この場合

25歳のサラリーマンの

一生分の医療費

一生分の給与

一生分の看護料

最高額の慰謝料

などが大きな損害として考えられます

計算方法などの問題はありますが

このAのケースで

およそですが約2億円近くの損害になります

あるいはもっと高額の損害になるおそれもあります

このような高額な損害をあなたは払えるでしょうか?

どうしたらいいの?

人のケガに対する保険は

自賠責保険と任意保険があります

このケースの場合

自賠責保険から最高3000万円ほど支払われますが

不足の1億7000万円は任意保険から払われます

(ただし後述の対人・無制限に入っている場合)

自賠責保険と任意保険てどういう関係?

自賠責保険での不足分を任意保険が支払うのが原則です

ですからそんなことはないとは思いますが

任意保険に入っていても

自賠責保険に入っていなければ

このケースで自賠責部分の3000万円は

あなたが支払うことになるので要注意です!

相手方の物に対するリスク

相手方の「車」や「積み荷」の損害は物損と言われています

炎上

具体例 B(フィクションです)

《あなたが車を運転中わき見をして

信号で停止しているトラックに追突

ガソリンがもれて引火

トラックとその積荷が全焼した》

積荷はすべてブランド品の服で総額1億円!

あなたはトラックと積荷の服の損害

1億円以上を負担しなければならなくなります

どうしたらいいの?

任意保険で

後述の対物・無制限に入っている場合

保険で払ってもらえます

以上で少しは保険に入っていなかった場合の

リスクと

入っていたバ場合の安心を

少し分かっていいただけたかと思います

おすすめの最低限とは?

相手の人のケガに対する保険は

対人賠償保険と言われていますが

自賠責保険と任意保険両方に入りましょう!

そして任意保険の対人賠償保険は

保険金額「対人無制限」に入りましょう!

「対人無制限」だと損害がいくらになっても安心です

相手の人の物に対する保険は

対物倍賞保険と言われていますが

保険金額「対物無制限」に入っておけば安心です!

相手方の損害を補償する保険の充実は

相手方を守ると同時にあなたを守る

最低限の保険だと考えます

保険を安くするためにはどうすればいいの?

保険を安くするためには

保険会社を選ぶ

保険会社の代理店が対面販売をしている任意保険より
 
ネット通販の任意保険は安くできています

さらにネット通販の任意保険でも

会社ごとに掛け金(料率)が違います

ネットの一括見積に頼らず

一社ごとに簡単ネット見積もりをやる方が

いい結果が出るようですよ

自分のための保険やオプションを整理する

相手方ではなく

自分のための保険やオプションを

整理するしか方法はありません

主な保険として

車両保険・人身傷害保険・搭乗者傷害保険

などがあります

車両保険は自分の車の損害を補償してもらえる保険です

人身傷害保険は自分や家族が交通事故に会った場合の傷害保険です

搭乗者傷害保険は車に乗っていてケガをした場合の傷害保険です

車両保険は保険料が高いので入らないと考える方もいます

人身傷害保険に入っていれば

搭乗者傷害保険は不要とする方もいます

例えば

日常の事故によるケガを補償する

普通傷害保険に別途加入している方は

人身傷害保険や搭乗者傷害保険は不要

とするかもしれません

置かれている立場がそれぞれに違うため

一律に

この保険に加入した方が良いとか悪いとかは言えません

すべて自分自身を守るための保険なので

よく要・不要を考えて決めるしかありません!

そのほかのオプションとしては

弁護士特約・ファミリーバイク特約

等級プロテクト・対物超過修理費用補償特約

など数多くオプションがあります

オプションの名前を聞いただけで

頭が痛くなる人もおられるでしょう

今回はオプションの細かな説明はしませんが

当然オプションに加入すると保険料は高額になります

これらの点については別の機会にお話ししたいと

思っています

まとめ

以上人と物に関する任意保険を中心にお話しました

任意保険を少しお分かりいただけましたか?

まだ良くわからないと思っておられる方には

またいつかお話しさせて頂こうと思います

最後に

くれぐれも安全な運転をお願いするとともに

事故が起きないことを心から祈念しております

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ