空手が東京オリンピック競技に!型(形)や組手とは?先手なしの精神!

空手は武器を持たず
素手・素足で相手と
対戦する競技です
空手は拳や足で相手を打突します
空手②

空手は世界187カ国
競技人口6000万人
と言われており
超人気スポーツ! 

その空手が
東京オリンピックの
追加種目の候補となり
オリンピック競技になることが
濃厚になってきました

この空手の魅力の
型(形)や組手とは
どんなものか?

そして脈々と流れる
空手の重厚な「精神」を
調べてみました

空手のプロフィールと東京オリンピック
名前:空手・空手道(からて・からてどう)
競技形式:型(形)・組手
発生年:不明
発生国:琉球王国

東京オリンピック大会組織委員会は
15年9月28日
開催都市に提案権がある
追加種目の一つに
「空手」を最終候補としたと
発表しました

これで空手がオリンピック種目に
なることがほぼ決まった感があります

型(形)とは何?組手とは何?

空手には型(形)と組手
二つの競技があります

型(形)は
相手が自分に打ち込んできた場合
最もシンプルで合理的な
反撃方法を明かにしています

空手での型(形)は
仮想の相手方を想像して
目の前の空間に向かい
一人で行うものが
基本とされています

練習によって三十を超える
型を十分に習得すれば
実戦でも戦うことが
可能になると言われています

ただ合理的な型の動きと流れは
人の動きの美しさも現わしており
ここに魅せられる人も多いのです

型(形)は
空手だけでなく
柔道にも剣道にもありますが
競技の対象となっているのは
空手だけです

空手の型は
観覧に十分に耐えられるほど
美的だということもできそうですね

組手とは?
空手はもともと
型中心の稽古だったらしいのですが
型稽古より実践的な
稽古方法としての組手が考えられました
現在は組手での試合が中心です

組手の試合方法は
「寸止め」という
相手に打撃を避けるやり方から
フルコンタクトつまり
プロテクターを身に付けず
相手に実際に打撃を加えるやり方
まで
流派によって細かく分かれています

東京オリンピックでの組手は
プロテクターを付けて戦う
セミコンタクトになると
言われています

空手の精神性について

空手には「先手なし」との
言葉があります

「先手なし」とは
先に攻撃を仕掛けないということです
相手の最初で第一の攻撃をあえて
受けるとの意味です

実際に相手の最初の攻撃を
受け流すことができるかどうかは
別にして
自分からの攻撃を否定する
気宇壮大な考えです

この「先手なし」の言葉を
先に争い事を起こさないこととと
解釈するなど
「先手なし」に含まれる
精神性からいろいろに考えられているようです

ただ言葉通りに受け止めたほうが
実践者にとって
精神性がクリアになるようです

また同じ武術の柔道や剣道に
「先手なし」を意味する言葉が見当たらない

所からすると空手独自の精神性の高さを誇って
問題がないと思われます

武道を少しでも経験した人からすれは
「先手なし」は
驚愕に値する言葉なのです!

空手家は「先手なし」と同じ趣旨の言葉が
他の武道にもあると思っているかも知れません
しかし ありません

まとめ
柔道に次いで
空手がオリンピック競技
になることは本当に
うれしいことですが

オリンピック競技として
スポーツ化への道をたどり
武道としての色彩が
薄れていくことに
気をもんでいますが

それも空手がより盛んになる
プロセスかも知れません
ここはそっと見守りたいと思います

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ